FC2ブログ

Category通信教育 1/3

スポンサーサイト

  •  -
  •  -

タブレット学習へ変更、英語学習スタート

検討の結果、チャレンジタッチ(タブレット学習)へ変更を申し込みました。3月に届く4月号から切り替えです。合わせて、「Challenge English」も全額返金保証とレインボーマイクプレゼントキャンペーンをしていたので、お試し兼ねて申し込んじゃいました。英語は学校でも学童でも、簡単な英会話を少しかじっているせいか、覚えてきた会話を真似したり、単語知ってると自慢したりと、英語に抵抗感がない状況です。ただ、家庭でちゃ...

  •  0
  •  -

紙vsタブレット学習(通信教育)

英語学習を見据えて、タブレット端末を入手するためのチャレンジタッチの検討続きです。ベネッセからタイミング良くチャレンジタッチへの乗換案内が来ていましたが、期限が26日ということで、検討が間に合いませんでした。タブレット端末の通信教育を検討すると、必ずと行っていいほど、スマイルゼミとの比較が出て来ますね。アフィリエイトっぽい宣伝ブログも多いですし。あとはZ会の中学受験コースはタブレットが基本。メリット...

  •  0
  •  -

「Challenge English」が気になり始める

通信教育どうするかの続きです。リトルくらぶは負担の面で見送りました。チャレンジをどうするかです。最低でも、2年生4月号(大半の教材が4月に届く)までは取る方針で変わりはないですが、英語学習を考えると、止めないで継続が良いのでは?という考えに傾いて来ました。親としてチャレンジを止めづらいのは、次のような事情です。・学習内容は実質2、3日で取っても取らなくても良いレベルだが、本人が楽しんでいる・ベネッセか...

  •  0
  •  -

新2年生からのリトルくらぶ

「チャレンジ」の代わりとして検討していた四谷大塚「リトルくらぶ」ですが、新2年からのスタートは結局見送りにしました。理由としては3つ上げられます。・他の問題集をやる時間がなくなる チャレンジはだいたい2~3日あれば、赤ペンまで終わらせているため、他の問題集の進捗に影響があまりありません。これがリトルくらぶになると、学習時間の大半を取られるため、先取りや重点取組などの家庭学習が滞ります。子供の進度に合わ...

  •  0
  •  -

「リトルくらぶ」のお試しその後

リトルくらぶを何度か学童に持たせて、感触をおおよそ確かめることができました。遂に「チャレンジは簡単だから止める」「リトルくらぶでも良い」と言い始めました(言わせてませんよ・・・)。学童でもやってる子がいて存在を知っていたからか、思った様な拒否反応はなかったのでした。それに魅力的な”新しい景品システム”という説明も功を奏したようです。算数:予習シリーズ/ホームワーク共にシンプルで見やすく(チャレンジの...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。