低学年からの冒険記録2023

Archive2018年01月 1/1

スポンサーサイト

  •  -
  •  -

先取りペースのコントロール

早いもので、1年生1月も終わりですね。子供が通う塾では、新2年生範囲がスタートしました。子供としては、学校より早く進むことに楽しさ(優越感?)を感じているようです。学校よりおおよそ2~3ヶ月早く進むのは、2月で新学年という進学塾と似てるでしょうか。この程度の先取りであれば、学校からそれ程かけ離れない予習という位置付けになると思います。基本的に、先取りの学習内容というのは、いずれ周りの子達に追いつかれる基...

  •  0
  •  -

理科実験教室 - 栄光ゼミナール

以前から気になっていた栄光ゼミナールの理科実験教室に行ってきました。実験内容は、「月のかたちはなぜ変わる?」でした。内容としては、月の満ち欠けが何故起きるのか、模型を使って確認するというものです。配られたのは、カラーの教材プリントと実験キットです。豆電球を太陽に見立てて、月の模型に光を当てながら、確度を変えて月の満ち欠けを調べます。皆既月食の実験では地球の模型を追加します。親も座ってサポートしなが...

  •  0
  •  -

1~3月学習計画と新2年の学習塾について

1~3月の学習計画です。それから、新小2に向けて方向性を決めました。学習塾:継続、進学塾は新3年生から今通っている学習塾は、学校に沿った基礎問題+発展問題という形式で、学力定着とアップという点で続ける意義があると判断しました。子供が自ら行きたがっているのと、塾の宿題は絶対やるという学習ペースができているのも大きな継続理由です。また、塾の算数問題と市販問題集とで、難易度比較をしたところ、Z会グレードアッ...

  •  0
  •  0

算数と国語を同時に伸ばすパズル

随分時間が空いてしまいましたが、終わりました。この問題集のコンセプトは、「考える力、試行錯誤する力を育てるパズル」「算数と国語の力は同時に伸ばせる」「算数だけでなく全ての教科に必要なのが、国語力」となっています。具体的には、表が推理・論理パズルで裏が数字パズルとなっています。裏の数字パズルは、賢くなるパズルと内容が一部被ります。入門編が賢くなるパズルの数独で、初級編は賢くなるパズルの足し算初級と近...

  •  0
  •  -

冬休みの学習と英語教育

「冬休みの学習計画」という下書き記事を書いてあったのですが、そのまま放置してしまいました。というのも、小学生初めての冬休みは、家族・友人との遊びメインの過ごし方を目指していたので、学習について書くことがなかったのです。。結果として、学習の方はと言うと、こんな感じです。学校と塾の宿題は休み入り後の学童で一気に終わらせたので、年末年始は漢字だけだったと言えます。算数はZ会が終わったので、次の問題集(最...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。