0 Comments
以前から、作文とか自分で文章書くなんて、いったいいつになるやら?と思っていたところ、ひょんなことから自ら文書を書く習慣が付いたのでメモ。

文章読解の力を少しづつ高めたいと思っていたところ良い教材がありまして。小1文章読解 (早ね早おき朝5分ドリル)(陰山英男)というやつです。Amazonレビューでも「国語が苦手だったのに小学生統一テストの文章題で高得点が取れるまでになった」というようなのがあり、父は単純に飛びついたのです。



ですがこれをやらせていくうちに、このドリルが別目的に使われるようになりました。実はこのドリル、毎日1ページの文章読解問題があるのですが、裏ページは前日にあったことや今日やることを書く日記帳になっているのです。ここに最初は一文。だんだんと二文、三文と増えていき、気持ちまで書けるようになり、日記らしくなって来たではないですか。

今ではこの参考書の表ページは見事に放置気味です(苦笑)。でも結果OK。さすがに今週から本物の日記帳へと移行したのですが、これまでの日記がもったいないので、切り貼りしました。参考書はびりびり(汗)。日々の学校や学童での出来事と気持ちを親も知ることができて、日記は素晴らしい習慣だと感じる次第です。この先に作文や文章力というものがあるのかもしれません。この習慣を継続させたいところですね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
shuedupa
Posted byshuedupa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply