FC2ブログ

0 Comments
ようやく進研ゼミ考える力プラスの4月号特別テキストが届きました。ぱっと見では、とても良質な問題が並んでいて、派手さもないテキストで、チャレンジ1年生とのギャップに驚きます。意外なことに、コラショも出てくるんですね。「コラショは続けよう」という誘い方でチャレンジ解約して、こちらだけにしてしまおうか、と父は策略を練り始めるのでした。

最近、計算力が少し付いてきたと感じます。といっても1年生なので、簡単な内容です。足し算だけは1年生の単元(100迄の足し算)を終えそうです。2桁の計算、例えば55+55とか98+99も暗算できるので、足し算はそこそこにして、あとは他の単元に集中できそう。年長の頃からお風呂で鍛えた成果が出て来たかな?

ただ、元々計算だけを進めるのは弊害もあると考えています。まず計算プリントは問題文がないので、何も考えず数字だけを追いかけてしまいがちです。問題文をよく読む、思考力を高める、数の感覚を正しく定着させる。こういった観点では計算一辺倒にしたくないなと感じる次第です。これは公文や他塾を検討していた時から感じている事です。



親がせっかく関与するのだから、計算だけではなく、普通では触れない問題をやらせたいものです。というわけで、文章題と引き算ドリルの残りを継続しつつ、新しい問題集を購入することにしました。図形については、なかなかの良問揃いだと思います。

Z会グレードアップとかに出て来そうな図形問題や文章題が集まっている感じです。薄くて、シール付なので子供のモチベーション維持の点でも良さそう。12級は1年生、11級は2年生という作りなので、「目指せ2年生」でやる気を付けようと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
shuedupa
Posted byshuedupa

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。