FC2ブログ

0 Comments
SAPIX入室説明会その2。低学年向けSAPIXについて情報収集中です。書いていて思い出したのですが、夏期講習だけ受けてから入室するかどうかを決める人もいるようですね。先生とか授業の雰囲気が分かるので、迷ってる人にはこの方が良いですね。ただ何度もこういったチャンスがある訳ではなく、次は2月あたりのようです。

家庭での宿題の負担について

SAPIXは復習主義をうたっていて、低学年でもそれは同じです。テキストがその日に渡されるので、物理的に予習ができません。このSAPIXのスタイルについて、受験勉強では予習復習が当たり前だったのに何でだろう、という疑問が以前からありましたが、小学生に限ってはこの方法がベスト、というSAPIXの説明を聞いて納得しました。管理能力の低い小学生に予習復習のサイクルを強いるのは難しいということです。

当日初めて見るテキストというのは、子供たちにとっては新鮮で、楽しみなものであるとのこと。当日授業で間違えた問題、できなかった問題は家で”復習”が必要となります。塾と家庭は両輪というのも、方針として高学年と同じでした。この復習がいわゆる宿題(後に膨大に・・)となります。

(感想)
授業で子供がどこを間違えて、どこを分からずに帰ってきたのか、家庭でも正確に把握する必要があります。こういう点で、塾に多くをお任せしたい、というスタンスの家庭にSAPIXは向かないかもしれません。また、低学年でも定期テストがあってクラス変動があるので、家庭で適度に復習(宿題)マネジメントとテスト準備をしてあげないといけません。

クラスが落ち、先生が変わり、雰囲気に慣れず、勉強嫌いになるという負のスパイラルに陥らないか心配なところです。SAPIXに入れるというのは、のんびり道を走っていた子をそういった6年生まで繋がる緊張感のある専用道路(高速道路)に誘導することを意味しているのかもしれません。

低学年のテキストの分量と難易度から、十分家庭フォローが回せそうな印象を受けましたが、高学年の難しいテキストになれば、さすがに大変そう。高学年までの継続を見据えて、メリット・デメリットを確かめる必要がありそうです。結局のところ、低学年の側面だけを見て、つまり、高学年の状況を知らないで、SAPIXの良し悪しを判断できないと感じました。

塾から出る宿題については、一方で期待できる部分もあります。うちの小1も他の学習塾に通塾はしていて、2、3日分の宿題が出ます。この宿題に対する子供の姿勢を見ていると、”絶対やるもの”という認識があるようです。宿題プリントは、勝手にやり始めるからです。一方で親が準備するプリントやドリルはモチベーションやや低め。これは期限や目標がないからです。

現状、子供にとっての優先順位は、学校宿題>塾宿題>チャレンジ>市販ドリル(親が与えるもの)となっているように感じます。宿題がもっと出る塾に通わせてあげれば、子供が自ら学習する対象が増えるはずだ、という勝手な推測があります。続く。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
shuedupa
Posted byshuedupa

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。