FC2ブログ

0 Comments
お盆帰省もあり、学習塾の宿題(学校より多い)を中心に進めていました。という訳で、市販ドリルの進捗は予定よりも悪いです。それからSAPIXの通信講座「ピグマキッズくらぶ」のサンプルもやりました。すぐ終わる内容ですが。

ピグマキッズくらぶにはメインテキストの「ピグマシリーズ」と「パワードリル」があって、ドリルの方はシンプルで該当学年の進度に沿った内容かと思います。この手のドリルに1年生の学習内容で特色を出すのは難しいのだろうなあと、Z会、進研ゼミ、SAPIXや公文市販ドリルを見比べて感じました。

カラフルでごちゃっとしているパズル(きらめき算数脳)風の「ピグマシリーズ」というメインテキストは、低学年思考系という独自色が思い切り出ているのですが、読解力が低いと問題の意図を読み取りづらい点があるかもしれず、学童に持たせてすんなり1人で解いてくるかは疑問もあります。

四谷大塚の「リトルくらぶ」の方は、学童で自習に使っている子が結構いるようなので、”学童に持たせる”という観点だとそちらに分がある気もしています。こちらもサンプルがそろそろちょうど良い内容になっているので(9月号)、やらせて反応を見てみます。

8月第三週

国語
・1年漢字/言葉のきまり/作文(学習塾)
・チャレンジ9月号
・ピグマキッズくらぶ パワードリル
・短歌暗唱

算数
・基本トレーニング12級 文章題・図形(受験研究社)
・2年足し算(くもん出版)
・1年文章題/計算(学習塾)
・ピグマキッズくらぶ パワードリル

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
shuedupa
Posted byshuedupa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply