FC2ブログ

1 Comments
リトルくらぶ」は四谷大塚の塾テキストでもあるので、通信講座も2月スタートです。この時期にそれ(新1/2/3年)に向けた検討というのは、我が家だけでなく、結構考えてる家庭があるのではと思います。うちも乗り換えを視野に入れて、以前受け取った「リトルくらぶ」のお試しセットを引っ張り出してきました。学童でやって来れるのか?レベル感はどうか?の2点を確認します。

四谷大塚のサンプルは9月号ベースだったので、この時期に満を持して投入です。思惑通り、まずは塾テキストの「ジュニア予習シリーズ」を学童で一気にやって来ました。答えも全部正解なので、難しくてお手上げということはないようです。もう1つの「ホームワーク」は、自習向けなので元々1人でできると見ています。

次回は国語を渡してみます。読解やホームワークは行けそうだけど、作文は親が見ないと厳しいかな?問題の質は、チャレンジと結構違います。チャレンジがしつこい位の教科書に沿った基礎確認なのに対して、「リトルくらぶ」は考えさせる問題になっていると感じました。話はそれますが、Z会は経験ワークが負担に感じるのとグレードアップ問題集で補えると感じたため見送りです。SAPIXピグマは、算数が尖り過ぎていて、一人学習に向いていないのでパス。SAPIXは通塾の検討でまた浮上して来ます。

気になる子供の反応です。「これどうだった?」→「できたよ・・・」状況をよく分かっていないかも。「チャレンジの代わりにこれどう?」明日辺りそおっと聞いてみようと思います。本人のやる気が起きなければ仕方がありませんので。ちなみに、こだわりそうなポイント制度によるプレゼント交換ですが、リトルくらぶにもありました。「こっちのプレゼントを今度は目指さない?」というセリフを用意しておこうかな。

四谷大塚への通塾の検討状況はと言うと、揺れています。環境が急変しすぎる、というのが引っかかるなあと。まずは学習塾はそのままで、通信を切り替えて、というのがスムーズな移行方法なのかもと思ったりしています。慣れた頃に、学習塾を止めてリトルくらぶ1本、もしくは四谷大塚通塾1本にすれば良いのではと。

チャレンジを止める場合の懸念を上げるとすれば、付録がなくなること。つまりコラショとのお別れ、ですね。別冊の科学っぽい内容とか、お風呂で漢字を書く練習セットとか結構楽しんでますので、あれがなくなるのかー、という親としての寂しさもあったりします。あれもこれも追いかけることはできませんね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
shuedupa
Posted byshuedupa

Comments - 1

There are no comments yet.
snowjobs  
英単語学習などにお役に立てればと思います

MacOSXのSafariブラウザで
形態素解析の結果を表示したり
APPLE辞書やウィキペディア
などの検索結果をブラウザ内で直接プリントアウトできたりします
その他
バーコード付き商品アイテムの作成やプリントアウトにも対応しています
世界でまだ誰もやったことない内容になっていると思います
こちらからダウンロードできます
ぜひお試しください
http://snowjobs.blog.jp/archives/cat_mecab.html
http://snowjobs.blog.jp/detail_item/201710011251/4547597950043

2017/11/23 (Thu) 18:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。