FC2ブログ

0 Comments
リトルくらぶを何度か学童に持たせて、感触をおおよそ確かめることができました。遂に「チャレンジは簡単だから止める」「リトルくらぶでも良い」と言い始めました(言わせてませんよ・・・)。学童でもやってる子がいて存在を知っていたからか、思った様な拒否反応はなかったのでした。それに魅力的な”新しい景品システム”という説明も功を奏したようです。

算数:予習シリーズ/ホームワーク共にシンプルで見やすく(チャレンジのようにテカテカしていない)、良問揃いです。例えばリトルくらぶ1年生9月号の大きな数の位やお金を扱った問題は、少し頭を働かせる内容で、難問でもなく、単純な基礎問題でもなく、日々やるにはちょうど良いなと思いました。頭に適度に負荷をかける問題っていいですね。

問題の内容としては、市販のZ会グレードアップかハイレベでいう標準レベル~ハイレベル問題をやればカバーできるなと思いました。親が工夫せずともそういった問題が毎月、日付を振って自動的に届くのであれば、手間がかからずありがたいに違いないです。リトルくらぶ算数についてはこういった印象です。

国語:2年生サンプルでは、ことわざや熟語といった語彙力を身につけるための問題が見られます。文章読解は、他の通信教材よりも長文で、難易度はやや高めだと感じました。字の小さい本の読書へもつながる力が付きそうですね。作文については、作文教室があるのが特徴的で、添削があるのは評価ポイントです。ただ、何となくこの作文、毎月の提出ハードルになりそうな予感。溜め込んでしまい、月末追い立てる構図、想像したくないですね。

リトルくらぶの長文読解は、題材が面白く(2年生サンプルは「ロビンソン・クルーソー」でした)、考えさせる問いかけになっていて、思考力・読解力が伸びそうだと感じました。読解問題は時間を要するため、あまりに長文だと学童でひとり学習はきつく、週末に回る可能性があります。このあたりはリトルくらぶを始めるに当たっての見極めどころ。

システム:ポイントで景品がもらえるのはチャレンジと同じです。個人的にはチャレンジよりも良いものが揃っていると思いました。これは子供が評価するところです。

ということで、2,3日で終わってしまうチャレンジは止めて、リトルくらぶへ乗り換え決定です。とはなりませんでした・・・。リトルくらぶをやれば、その分他のやりたい問題集が追いやられます。それならば、いっそのこと通信止めてしまうという選択肢もありかも。

リトルくらぶ算数については、仮に市販問題集を使っても代替できそうなイメージがあります。一方の国語については、2年生のはなまるリトル、論理エンジン、トップクラス、ハイレベ、最レベあたりをもう一回見返して、今の学習に上乗せしてでもやるべきか判断したいと思います。続く。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
shuedupa
Posted byshuedupa

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。