FC2ブログ

0 Comments
「冬休みの学習計画」という下書き記事を書いてあったのですが、そのまま放置してしまいました。というのも、小学生初めての冬休みは、家族・友人との遊びメインの過ごし方を目指していたので、学習について書くことがなかったのです。。

結果として、学習の方はと言うと、こんな感じです。学校と塾の宿題は休み入り後の学童で一気に終わらせたので、年末年始は漢字だけだったと言えます。算数はZ会が終わったので、次の問題集(最レベかトップクラス)を始める予定です。

・学校の宿題(漢字、計算、暗唱、日記、etc.)
・塾の宿題(漢字、算数(復習、発展))
・日々の漢字学習
・問題集のやり残し消化

年末年始にクイズや教育になりそうなTV番組をいくつか見ました。林先生の「英語の早期教育に意味なし」は面白かったですね。中学から始めても英語が得意科目だった私なので、無理に早期教育する必要なしという点では似た意見です。思考力こそ大事。英語は単なるツール。

ただ、従来より英語スタートが2年は前倒されている点は、状況を複雑にしていて、親としては気をつけないといけないですね。私も中1から英語塾に通って英語好きになりましたが、じゃあこれを小学生(5年~?)に前倒すの?って話です。英語が受験科目にない(はず)といって、何の手当もしないでいると本人に苦手意識が付いてしまい、後伸びどころではなくなるかもしれません。

英語に対しては、適度に楽しさと得意意識を持ってもらう必要があると感じるこの頃です。そして2020移行期にあたる低学年以下の親は常に情報収集が必要です。既に手を打たれている家庭は、尊敬します。さてうちはどうしましょう・・・。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
shuedupa
Posted byshuedupa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply